産後太りを放置しておくのは危険です

admin, 30.03.2014

女性の一大イベントと言えば、結婚と出産でしょう。
特に出産は、約10カ月自分のお腹で育てたあとに、壮絶な痛みを経験しなくてはいけません。
女性にとっては、まさに命をかけた一大イベントと言えるでしょう。

その出産も、生んだら終わり…というわけではありません。
生んだその瞬間から子育てがスタートしますし、自分の身体を戻すことも始めなくてはいけません。
妊娠中には約10キロ体重が増えます。
その10キロは生んだらすぐに戻るのではありません。
放っておけば、そのまま戻らないこともあります。

この産後太り、放置しておいても別にいいのでは?と思う方もいると思います。
それは大きな間違いです。
そもそも産後太りの原因は、骨盤の歪みが関係しています。
赤ちゃんを出産するために、出産時には大きく骨盤が開きます。
その開いた骨盤を放置しておくと、歪みが発生し産後太りの原因となります。

ですから、産後太りを放置しておくと骨盤が歪み危険というわけです。
産後の骨盤のゆがみについては、産後ダイエットを行っているエステやサロン・ヨガなどで対応してくれますよ。
産後ダイエットの勝負は3~10カ月と言われています。
骨盤を正しい位置に戻し、産後太りを解消して骨盤のゆがみもなくしましょう。

Comments (0) More